本文へ移動

沿革

1997年3月
全国の運転代行事業者による任意団体「ジェイ・ディ共済組合」として創業
2002年8月
中小企業等協同組合法に基づき、「ジェイ・ディ共済協同組合」として、警察庁・国土交通省から運転代行の共済団において第一番に認可される
(認可番号/国公委交発第81号・国自総第225号)
2006年1月
「契約内容の登録・変更等の手続きの迅速・簡素化」、「事故対応の迅速化」および
「情報セキュリティ強化」を図るために、新コンピュータ・システムを導入
事故受付を24時間・365日対応する万全のサービス体制をスタート
2006年3月
加入事業者数  2,000社を突破
2007年3月
ジェイ・ディ共済設立10周年を迎え、新たな10年に向かって、共済事業のより一層の充実と共済サービスの更なる向上を目指してスタート
2007年8月
掛金据え置きで、補償内容を大幅引上げ
・対物損害賠償額を1億円に増額
・営業用車も受託対象車種に追加
2008年3月
加入事業者数  3,000社を突破
2008年7月
掛金の割引・割増の両面で契約者優遇を実施
・無事故による掛金割引率を最大30%から50%へ拡大
・掛金割増率を最大200%から160%へ引下げ
2008年8月
掛金据え置きで、補償内容を大幅引上げ
・顧客車両補償額を最高2,000万円に増額
2009年5月
飲酒運転根絶を目指すFM大阪主催「SDDプロジェクト」にパートナーとして参画スタート
SDDプロジェクトを通して、さまざまな機会に運転代行利用促進を発信
2009年8月
無事故継続事業者向けの新型共済商品「セルフセット」の受付開始
掛金割増率を最大160%から150%へ引下げ
2009年11月
自社オフィスビル完成
2010年8月
「SDDプロジェクト」にサポートパートナーとして参画
SDDプロジェクトを通じて飲酒運転根絶の担い手である運転代行の利用促進を図る
2012年11月
2013年11月
2014年9月
運転代行事業者向けの事故防止DVDを制作し、提供開始
2014年10月
損害率表を改定し、契約更新時に順次適用
・登録台数5台を区切りとして2つの損害率表を適用
・無事故継続事業者および事故減らしに努力している事業者が有利になる内容に改定
2014年11月
2015年1月
損害率表を改定し、契約更新時に順次適用
・A、Bセットにおいて、最大割引を55%に拡大し17等級を新設
・割増ゾーンに、X1(割増率60%)、X2(割増率70%)、X3(割増率80%)の3つの等級を新設
2015年11月
2016年3月
組合員数4,000社を突破
2016年8月
JD共済保険部を新設
組合員向けに随伴車の自動車保険を「集団扱い」として提供開始
2016年11月
2017年5月
「運転代行の心得手帳」を制作し提供開始
2017年3月
創業20周年を迎える
2017年6月
従来の共済商品の名称を変更するとともに、新商品を開発
「Aセット」「Bセット」「セルフセット」の名称を、それぞれ「ミドル」「ベーシック」「ライト20」に変更し、新商品として「セレクト10」を開発
2017年11月
2018年11月
ジェイ・ディ共済協同組合
〒939-8072
富山県富山市堀川町278
TEL.076-421-2221(大代表)
FAX.076-425-9561
TOPへ戻る