グランドパフォーマンス(LIVE SDD 2016)

LIVE SDD 2016におけるグランドパフォーマンス
~ わたしたちも伝えたい!飲酒運転をなくすために ~

1

全国4地区から、4名の最優秀賞受賞者が全国から応募してくれたたくさんの小中学生を代表して、1万人を超える来場者に向けて、自分の作品に込めた「飲酒運転根絶への想い」を伝えました。

ライブには、たくさんの有名アーティストとパーソナリティが「飲酒運転根絶」を合言葉に集結。アーティストとして“自分たちにできることを”と、飲酒運転をなくすために、歌やトークで想いを表現しました。

2ステージでは、アーティストのメッセージと共に、4人の子どもたちによるパフォーマンスが行われました。自分たちの作品に込めた思いを発表したあと、フィナーレでダンサーと並んでステージに再登場した子どもたちは、書家の森大衛氏と共に、4つに分けられたピースに自分の書道メッセージを書き、それそれのピースを組み合わせると、大きなハート型の新たなひとつの作品になりました。
エンディングでは、この作品と子どもたちを中心に、アーティストと会場にいるライブ参加者全員が「Heal the World」を合唱しながら、飲酒運転根絶の祈りと決意を新たにしました。

3 4 5
6 7
8
Offical Photo(LIVE SDD 2016)

[こどもたちのコメント]

(1)北海道・東北ブロック


鶴見 萌花 さん

「どちらも殺人犯なのに、刃物で人を殺せば悪意で、車は軽い気持ちでやってしまう。これがダメなんだと、みんなに伝えたいと思いました。」

(2)関東・中部ブロック


徳田 和 さん

「危険な運転で大切な命を失った家族の本を読んで、被害者家族がどんなに悲しいかを知り、飲酒運転は絶対に許せない罪です、という気持ちで書きました。」

(3)近畿・中四国ブロック


高瀬 彩里 さん

「飲酒運転してはいけないということを、もう一度問いかけるために書きまた。」

(4)九州・沖縄ブロック


高松 朋未 さん

「お酒に強いから、少しだから大丈夫と運転する人がまだたくさんいることを知り、二日酔いにも注意して安全を守ってほしいと思って書きました。」

[優秀賞作品]

作品一覧

SDD全国こども書道コンクールについて

FM大阪とジェイ・ディ共済協同組合が共催する飲酒運転撲滅を目指した新たな取り組みです。

飲酒運転撲滅を願う子どもたちと書道

JD共済は、昨年も『JD共済presents SDD全国こども書道コンクール』を開催しました。「書」に想いを込めて全国の子どもたちから集まる、飲酒運転をやめない大人たちへのメッセージ。過去4回のコンクールには合わせて5,738作品が寄せられています。それぞれに込められたメッセージは、全国各地で開催される飲酒運転根絶イベントでの書道展を通じて社会に発信され、「飲酒運転させない環境づくり」に着実に影響を及ぼしています。
今年は第5回を迎え、これからもJD共済は、SDDプロジェクトを推進するFM OSAKA、JFN加盟の各FM局、「和食さと」の協力、そして後援してくださった全国の自治体・警察本部・団体と連携して、飲酒運転根絶の輪を拡げるために、真摯に取り組んでまいります。

実施概要

        
タイトル SDD全国こども書道コンクール
内容 子どもたちから、飲酒運転撲滅をテーマとした書道作品を募集し、応募作品をさまざまな飲酒運転撲滅の啓発活動のために活用していきます。
募集対象 日本国内在住の小学1年生~中学3年生
審査地区 北海道、静岡、大阪、福岡
実施スケジュール (1) 作品の募集
2016年11月1日(火)~2017年1月10日(火) 必着
(2) 地区審査
※4地区に集まった作品の中から地区ごとに優秀賞を5点選ぶ審査
2017年1月12日(木)~14日(土)
(3) アワードセレモニー(表彰イベント)
※優秀賞の表彰および各地区ごとの最優秀作品1点の審査・発表など
各FM放送局にて次の日程で実施

北海道・東北ブロック:2017年1月21日(土) FM北海道
関東・中部 ブロック:2017年1月22日(日) 静岡FM
近畿・中四国ブロック:2017年1月28日(土) FM OSAKA
九州・沖縄 ブロック:2017年1月28日(土) FM福岡
(4) グランドパフォーマンス(LIVE SDD 2017)
※最優秀賞受賞者たちからのメッセージの発表
2017年2月19日(日) 大阪城ホール(大阪市)にて
最優秀賞 1名(各地区) トロフィー・表彰状・Kid’s Gift Card 1万円分
LIVE SDD 2017(2017年2月19日 大阪城ホール)親子ご招待
「SDD全国こども書道コンクール グランドパフォーマンス」参加
(ステージで全国4地区の最優秀賞受賞者と書家・森大衛さんと一緒に、作品に込められた思いを発表していただきます)
森大衛先生
書家・森 大衛

プロフィール
日本象書大賞、国民文化祭教育委員長賞、世界芸術協議会大賞をはじめ、これまで数多くの賞を受賞。
2012年「第60回記念独立書展」(国立新美術館)において「会員賞」(グランプリ)を受賞。2016年「第68回毎日書道展」(国立新美術館)において「毎日賞」を受賞。
小中高生の教育書道からデザイン書道、本格的芸術書道まであらゆる書芸術に精通している。世界的音楽家やロックバンドとの共演、書籍の執筆やファッション誌への作品提供など、その多彩な活動と存在感は書道界のみならず各界で高い評価をうけている。
富山県富山市出身 公益財団法人 独立書人団 審査会員。

SDDプロジェクトに賛同いただき、「SDDこども書道コンクール」の題字を書いていただいています。
優秀賞  4名(各地区) 表彰状・Kid’s Gift Card1万円分
※「LIVE SDD」とは、SDDプロジェクトの集大成として年に一度、大阪城ホールで行われるSDDプロジェクトに賛同したアーティストたちによるライブイベントのことです。
主催 ジェイ・ディ共済協同組合
SDDプロジェクト(FM OSAKA)
協力 和食さと
ご応募について 1.応募規定と応募票をダウンロードしてください。
2.応募票に必須事項をご記入ください。
3.応募規定に基づいて、応募作品と応募票をご郵送ください。(応募先は次項目をご確認ください。)
応募規定 応募票(個人用) 応募票(学校・団体用)
Get Adobe READER 書類を閲覧・印刷するためには Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンからダウンロードしてください。
作品の応募先 全国の4地区でそれぞれ審査を行いますので、お住まいのエリアが関するブロックにご応募ください。
※関東・中部ブロックについては、関東地区と中部地区とで応募先が異なりますのでご注意ください。
また、赤字はアワードセレモニー会場となる放送局の所在地です。
(1)北海道・東北ブロック 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
(2)関東・中部ブロック 静岡県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県
(3)近畿・中四国ブロック 大阪府、滋賀県、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県
(4)九州・沖縄ブロック 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

(1)北海道・東北ブロック

AIR-G'(エフエム北海道)「SDD全国こども書道コンクール」宛
〒060-8532 北海道札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台ビル14F


(2)関東・中部ブロック

K-mix(静岡エフエム放送)「SDD全国こども書道コンクール」宛
〒430-8575 静岡県浜松市中区常盤町133-24 

       

(3)近畿・中四国ブロック

FM OSAKA(エフエム大阪)「SDD全国こども書道コンクール」宛
〒556-8510 大阪府大阪市浪速区湊町1丁目3-1


(4)九州・沖縄ブロック

FM FUKUOKA(エフエム福岡)「SDD全国こども書道コンクール」宛
〒810-8575 福岡県福岡市中央区清川1丁目9-19 渡辺通南ビル

お問い合わせ 『SDD全国こども書道コンクール』事務局
 〒939-8072
 富山県富山市堀川町278
 ジェイ・ディ共済協同組合 事業推進企画部内
 TEL:076-405-6166 
 受付時間:10:00~17:00(ただし、土・日・祝日を除きます)
 Eメール:info@jd-kyosai.com
応募票で取得する
個人情報の取り扱
いについて
『SDD全国こども書道コンクール』事務局は、ご応募いただいた皆様の個人情報を法令に従って安全かつ適切に取り扱います。応募者の個人情報取扱いの利用目的は以下のとおりです。
・利用目的
 ①応募受付
 ②審査結果の通知・発表
 ③表彰式および作品展の運営
※利用目的に記載の各事項において、主催者を含む報道機関等が本コンクールを取材し、報道発表(受賞者の作品・お名前・学校名・ 学年・写真等の報道)を行う場合があります。また、取得した個人情報の使用先は当社ホームページおよび当社が許可したホームページ・チラシ等 の制作物、テレビ、ラジオ、新聞、飲酒運転撲滅・交通安全等でのイベントでの展示になります。
・取得した個人情報の委託 : 無
・取得した個人情報の第三者提供について : 無      
個人情報の取り扱
いに関するご意見
等の受付窓口
『SDD全国こども書道コンクール』事務局
  TEL:076-405-6166 
  受付時間:10:00~17:00(ただし、土・日・祝日を除きます)
告知資料
開催地

過去の入賞作品

企画・制作






後援

北海道 北海道教育委員会 北海道警察 札幌市 札幌市教育委員会 札幌方面北警察署 小樽市 小樽警察署
砂川警察署 青森県 青森県警察 岩手県 岩手県警察 宮城県 宮城県警察 気仙沼市 秋田県 山形県
山形県教育委員会 山形県警察 福島県 福島県警察本部 茨城県 茨城県警察 栃木県 栃木県警察 群馬県
群馬県警察 埼玉県 埼玉県警察 千葉県 千葉県警察 東京都 警視庁交通部 神奈川県 神奈川県警察
新潟県 新潟県警察 富山県 富山県警察 福井県 山梨県 山梨県警察 長野県 長野県警察 岐阜県 静岡県
静岡県警察 愛知県 三重県 三重県教育委員会 滋賀県 滋賀県警察 野洲市 守山市 守山市教育委員会
滋賀県守山警察署 京都府 京都府警察 大阪府 大阪市 兵庫県  兵庫県警察 神戸市 奈良県
奈良県教育委員会 奈良県警察 橿原市教育委員会 和歌山県 和歌山県警察 鳥取県警察 島根県 島根県警察本部
岡山県 岡山県警察 岡山県教育委員会 広島県  広島県警察 広島市 東広島市 山口県 山口県警察 徳島県
徳島県警察 愛媛県警察 高知県 高知県警察 福岡県 福岡県警察 福岡市 粕屋町 佐賀県 佐賀県警察 長崎県
長崎県警察 熊本県 熊本県警察 熊本市 大分県 大分県警察 宮崎県 宮崎県警察 鹿児島県 鹿児島県警察
沖縄県 沖縄県警察
公益社団法人全国運転代行協会 一般財団法人全日本交通安全協会
一般社団法人全日本指定自動車教習所協会連合会 一般社団法人日本自動車連盟(JAF)
全国飲食業生活衛生同業組合連合会 株式会社東京交通新聞社(順不同)

ページの先頭へ戻る